葬儀の流れ

臨終

医師の死亡宣告、臨終を迎えたら、
ふりーじあ葬祭へお電話ください。
速やかに御遺体搬送車(寝台車)にて
病院、その他指定場所へお迎えにあがります。

死亡診断書(死体検案書)・死亡

医師に死亡診断書(死体検案書)、を書いてもらって
市区町村役場に死亡届を提出致します。

打ち合わせ

葬儀の日取り・内容・見積もりなどの
打ち合わせをさせていただきます。
事前見積りをお持ちの方は、
最終チェックをさせて頂きます。

納棺

ご遺体を清め、死化粧、死装束をほどこし、
納棺をいたします。
家族だけで過ごす最後の時間です。
まごころ込めてお手伝いいたします。

通夜

6又は7時より開式致します。導師(僧侶)に読経をたまわり。焼香をします。導師退堂後、閉式となります。当社スタッフが丁寧に御案内いたします。

葬儀・告別式

葬儀式僧侶に読経をたまわり、焼香をします。
最近では初七日を含める事が多いです。
告別式(お別れの儀)故人の思い出の品や
献花をお棺に納め、鎖棺となります。

ご出棺

鎖間後、喪主様の挨拶
霊柩車への乗棺出棺となります。

火葬

火葬の間は控え室で待ちます。
この間に、精進落としをすることもあります。
待ち時間は火葬場により、1~2時間くらいです。

初七日

最近では、葬儀式に繰む方が増えています。
各家庭の事情に精いっぱい対応いたします。

精進落とし

僧侶やお手伝いの方たちを
料理でもてなし、労をねぎらいます。

後飾り

四十九日まで遺骨と白木の位牌を自宅に安置しておきます。